上を向いての深呼吸で「負のスパイラル」を打破しよう!

美と健康

 

不安なとき、ストレスを抱えている状態のとき、呼吸がとても浅くなっています。そんな時は「呼吸」で負のスパイラルを抜け出しましょう。

医学的には

医学的な視点から言うと、不安とは「呼吸無き興奮」のようです。

どうしても避けることのできない不安に襲われたときは、
・とにかく上を向く
・ひとつ深呼吸してみること

なぜなら上を向くと、気道がストレートになり、呼吸が深くなりやすいからです。

上を向いて深呼吸して、体にたっぷりの酸素を取り入れる。

するとどうでしょう!
自律神経は安定 → 脳と筋肉の活動が正常になる → 落ち着いた明るい気持ちを取り戻すことができる

「不安な時ほど、一回、上を向く」というのは、負のスパイラルから抜け出す大きなコツのようですです。

 

「これ」だけ意識すればきれいになる。 自律神経美人をつくる126の習慣 [ 小林弘幸(小児外科学) ]

価格:1,430円
(2021/12/7 21:39時点)
感想(10件)



 

その他の効果

また上を向いて深呼吸すると、肩こり、首懲りにも効果があります。

パソコンに向かって仕事をしていると、どうしても俯きがちになり、気道が狭く、呼吸が浅くなりがちです。

それで血流が滞ることが、肩こり、首こりの原因にもなっています。

さあ、「上を向いて、深呼吸」をしましょう。

日常でも・・

仕事や家事、日常生活の中で、時々、「上を向いて深呼吸する」という意識を持つことは、体のコリの解消に効果的です。

両手でそれぞれの肩をつかみ、ぐるぐる回す(肩甲骨を回す)と血液の循環がよくなり、コリが一気に解消されます。

どこでもできるので、1時間に一度位のペースで、気分転換を兼ねて取り入れてみましょう。

まとめ

不安を感じたら、まずは「上を向いて深呼吸」を心掛けましょう。

やがて気持ちが落ち着いて冷静な考え方ができるようになるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました