イライラは小さいうちに深呼吸で吹き消そう

美と健康

 

前回もお伝えしましたが、ネガティブ感情(不安・過度な緊張・イライラ・怒りや嫉妬)は呼吸を浅くするだけでなく、自律神経にとっても最大の敵です。

 

デメリットはたくさんありますが、良いことなんて、何一つありません。イライラを回避する方法を学んでいきましょう。

 

負の感情の果て

負の感情は放っておくと、どんな状況になるのでしょうか。

ご想像の通り、負のスパイラルに陥ります。そして負のスパイラルは加速します。

怒りや嫉妬のゆがんだ心ほど、人の姿を醜くします。

負の感情の対処法

自分の中で嫉妬や怒りなどが湧きあがったときは、早いうちに対処することがポイントです。

対処法は、A~Cを順におこないます。

A:嫉妬やイライラは自分の美しさや健康を損なうほどのメリットがあるのかどうかを考える。
B:ゆっくり深呼吸(自分の中でカウントしながら。1・2、3・4・5・6)
C:深呼吸によって怒りや嫉妬で滞っていた血液が、身体の細胞の隅々にまで流れるイメージをする

目をつぶってイメージしようと意識した瞬間にはもう、皆さん醜い「負の感情のスパイラル」からは50%抜け出している筈です。

結果

A~Cをおこなうことにより、呼吸が安定します。

そして自然に穏やかな気持ちを取り戻していくことでしょう。

その「意識」が負の感情によって乱れた自律神経を変えてくれるからです。

目をつぶっている時、自然と深くていい呼吸をします。

スポーツでもよくイメージトレーニングが良いと言われますが、良いイメージは人の呼吸を安定させるのです。

予防法

普段からイライラしやすい人は「どういう時に自分がイライラしやすいか?」と、一度ゆっくり自分を分析してみてください。

自己分析し把握できていると、そのような状況になりそうな時には「ゆっくり深呼吸」を心掛けることができます。

ゆっくりした深呼吸は、負の感情のスパイラスに陥りません。
いい呼吸を保ち、自律神経を整えてくれます。

イライラの炎は小さいうちに呼吸で打ち消す」。

これが健康的なストレス回避のコツのようです。

「これ」だけ意識すればきれいになる。 自律神経美人をつくる126の習慣 [ 小林弘幸(小児外科学) ]

価格:1,430円
(2021/11/30 17:52時点)
感想(10件)


コメント

タイトルとURLをコピーしました