腸をきれいにすると、究極のダイエット!(痩せ体質に変われる)

美と健康

 

年齢と共に育ってくるポッコリお腹。ポッコリお腹と言わないまでも、お腹周りにゆとりある方が増えてきますね。

 

見た目はそう変わらない方でも、「以前に履いていたズボンがしまらない」なんてご経験ありませんか?

 

自粛で会食や外食が減り健康的になれた方。一方、自粛疲れやストレス発散で暴飲・暴食、運動不足で太ってしまった方もいるようです。腸がきれいになると究極のダイエットになりますよ。

 

腸内細菌

腸の中には100兆個以上もの細菌がいます。

腸内細菌は3種類、「善玉菌」「悪玉菌」の他に「日和菌」がいます。
それぞれの細菌が腸内に占める割合は・・

・善玉菌:2割
・悪玉菌:1割
・日和見菌:7割

「日和見菌」が7割です。
どんなに綺麗な腸の人でも、基本はこのバランスです。

腸内細菌(善玉菌、悪玉菌、日和見菌)のバランスはとても重要!! | ミチワクリニック|東京都 中央区八丁堀から徒歩3分の心療内科 (michiwaclinic.jp)

ストレスや睡眠不足で変わる

7割を占める「日和見菌」。
つまり腸の状態によって、どちらにも転んでしまう割合です。

ストレスや睡眠不足、喫煙・過度の飲酒で「日和見菌」が悪玉菌に変わると、腸内環境は悪い状態に一変します。

【従来の悪玉菌:1割】+【日和見菌→悪玉菌:7割】=【悪玉菌:8割】

割合は、(善玉菌)2:8(悪玉菌)

悪玉菌が増えるとどうなる?

人が口にした食べ物の栄養素はほぼ全て「腸」で吸収されます。

腸内で悪玉菌が増えると、腸でうまく輩出できなかった食べ物のカス(毒素)になり、毒素で汚れたドロドロの血液が全身に回ることになります。

毒素は血流にのって肝臓へいく➡心臓にいく➡全身に回る

血液ドロドロになると・・・

・太りやすくなる
・肌荒れ、吹き出物ができる
・髪の艶がなくなる
・全身がだるく疲れやすくなる
・冷え性・肩こりになる
・イライラする

太るメカニズム

腸内環境が悪くなると、たくさん食べていなくても、皮下脂肪や内臓脂肪が溜まってしまいます。

流れは以下になります。

口にしたものがカス(毒素)となる→本来全身の細胞に送られるはずの栄養素が、全て脂肪に流れてしまう→皮下脂肪や内臓脂肪が溜まる

「あまり食べていないくても太ってしまう」という人はこのパターン。
カロリー制限や運動だけではダメなのです。

まずは太らない、痩せる体質づくり

腸内環境が整っていると、痩せる体質に変わります。

食べた栄養素が全身の細胞に行き渡る➡皮下脂肪や内臓脂肪にはたまらない➡いくら食べても太らない

本当に痩せたければ、腸内環境を整え、痩せる体質になることが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました